teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アーネスト・サトウと大菩薩峠

 投稿者:林和夫  投稿日:2021年12月 6日(月)13時01分39秒
  介山荘のご主人は、勝縁荘を営んでいた益田勝俊氏のお孫さんです。
この山の登山の歴史を辿ってみると、明治、大正、昭和と意外な人物で繋がっていました。
以下、そのお話しです。

明治期、英国の外交官アーネスト・サトウは、日本国内旅行で各地をまわり記録を残しています。その記録に1873年と1877年の大菩薩峠を含む甲州の旅があります。この中に当時の大菩薩登山の様子、詳細にが描かれています。
(サトウの旅行記「日本旅行記」二巻(東洋文庫)庄田元男 訳)

サトウの次男である武田久吉氏が大菩薩峠と縁のあることを私が知ったのは、勝縁荘の主人であった益田勝俊氏について書かれた「大菩薩峠の囲炉裏」(1983 自費出版本)の中の記述です。

 「朽ち崩れていたこの長兵衛小屋を建てなおし、鍋、釜、茶わんなど地元塩山町の商店街から寄付してもらって備えつけ、益田さん自身は十日に一度ぐらい、薪の補給に出かけているうちに、日本山岳会の前身である”霧の旅”のメンバーの武田久吉氏らに、「長兵衛小屋もいいけれど、もっと峠の近くに、番人が常駐する本格的な山小屋を造ったらどうか」とすすめられた。」(P.102)

 大菩薩峠に最初の本格的山小屋が建てられたのは1932年。アーネスト・サトウが大菩薩峠を最初に訪れて59年後のことです。この時、武田久吉氏(植物学者)が、父の山旅の記録を読んでいたかどうか? 益田勝俊氏が、アーネスト・サトウの名前を聞いたことがあったかどうか?
山小屋は、当時、都新聞に小説「大菩薩峠」を執筆、連載中の中里介山によって「勝縁荘」と名付けられました。

明治の初めに東京から歩いて奥多摩経由で大菩薩峠に登ったアーネスト・サトウ、十分な地図も無い明治の終わりに訪れた武田久吉、昭和の初めに山小屋を建設した益田勝俊(介山荘主人の祖父)。その流れの中に今の介山荘があることを考えると不思議な繋がりを感じます。
この山小屋がいつまでも登山者に愛され続けることを祈ります。

 
 

素晴らしい2日間

 投稿者:ホシ  投稿日:2021年 5月18日(火)18時16分16秒
  先日はお世話になりました。柳沢峠からの苔の美しさ、朝夕見られた富士山、なおかつ念願の介山荘への宿泊。そして下山は雨予報で迷っていましたがご主人のアドバイスを受けて当初計画通り丹波山へ。この下山道の美しさも格別でした。眩いばかりの新緑に吸い込まれるように下る感覚とミツバツツジロードにシロヤシオの群落、とても思い出深い旅になりました。本当にありがとうございました。またお邪魔します。  

お世話になりました

 投稿者:タケザワ  投稿日:2021年 4月26日(月)08時14分43秒
  土曜日に泊めて頂きましたタケザワです。
日曜日は予定通り源次郎岳まで足を伸ばすことができ、無事下山しました。
温かいおもてなしをありがとうございました。また、必ず行きます。
 

岳人4月号で「パノラマの名山ー大菩薩峠」を紹介

 投稿者:新座市・越年登山10回超の客  投稿日:2020年 3月21日(土)14時57分20秒
  月刊誌の岳人4月号で大菩薩連嶺からの天下一品の眺望を、見開き4ベージにわたり山名を記載したパノラマ写真で紹介しています。妙見の頭から雷岩まで歩みに合わせて、富士山はもとより南アルプスや八ヶ岳、北アルプス乗鞍岳、西側には奥多摩の大岳山、などの展望が終始ついてくる、贅沢な空間とべた褒め。また同誌では触れていませんが、甲府市や東京の夜景も昼間の展望に引けを取りません。両方楽しむためには、是非とも介山荘で一泊を。甲州ワインと絶品のカレーライスも楽しめます。  

夢枕獏の小説「ヤマンタカ 大菩薩血風録」は超傑作。

 投稿者:新座市・越年登山10回超の客  投稿日:2020年 2月14日(金)13時41分36秒
  中里介山の長編小説「大菩薩峠」は、文庫本2巻目で挫折。偶然見つけた夢枕獏の「ヤマンタカ  大菩薩峠血風録」(KADOKAWA、2016年発行)は痛快剣豪小説として傑作でした。「おもしろいぞ、この本は。腰を抜かすなよ」の筆者後書き通り。奥多摩・御岳神社の奉納試合、甲州裏街道の大菩薩峠などを舞台に、机竜之介、土方歳三ら剣客が真剣で覇を競う物語。500ベージ超を一気読みでした。因みに同小説も地方紙10紙で2年半連載された作品が単行本化されたものです。  

穏やかな新年の幕開けでした。

 投稿者:新座市・越年登山10回超の客  投稿日:2020年 1月 9日(木)12時18分13秒
  お礼が遅くなりましたが、越年登山ではお世話になりました。今年もご来光が拝め穏やかな新年を迎えることが出来ました。宿泊者の世代交代も順調なようで、なかでも昨年、介山荘の年末年始の奮闘ぶりを取材に来られた民放スタッフの方が、今年はプライベートでお子さま連れで来られたのには感激しました。令和の時代も天下一品の眺望と介山荘の繁昌が続くことを願ってやみません。本当にお世話になりました。  

年越しビンゴ

 投稿者:bfz  投稿日:2020年 1月 3日(金)06時00分59秒
  今年も、年越しでお世話になりました。
あのぉ、ビンゴで嫁が当てた…長さ50cmはあろうバームクーヘン!
無事に持ち帰り、そして食べてみました。正直、色物なお菓子かなと思ってた
自分が恥じました。
「凄く美味い!!!」
さすが、介山荘主催のビンゴの景品だと実感しました。
 

ご参加までに

 投稿者:いぬ  投稿日:2019年12月28日(土)11時16分13秒
  大菩薩峠への大晦日のアクセスですけど塩山駅からのバスは本数はかなり少なくなっていますが、バスの運行はあるようです。山梨交通のホームページで年末年始時刻表PDFが見れます。
自分も大晦日に大菩薩峠行くのですけど、行きはタクシー予約済みで、帰りは大菩薩峠登山口からバスにする予定です。
 

大晦日、登山口までの交通手段の件で

 投稿者:サヤ  投稿日:2019年12月25日(水)11時29分19秒
  介山荘さんで年越しをしてみたいと思っているものですが、
マイカーがないので、登山口までバスかタクシーを使いたいのですが、
バスは大晦日は運休のようです。タクシーは大晦日でも予約すれば動いてくれるのでしょうか?
何か他に登山口までの交通手段などご存知の方いらっしゃれば教えてもらえると助かります!!
 

何時も麗しい大菩薩

 投稿者:ロミ  投稿日:2019年 5月30日(木)13時51分45秒
  5月29日、甲州市のTrekking企画に参加させて頂き~大感激。有難うございました。
今回は特に、大菩薩の動・植物に詳しい介山荘のご主人のご案内で、本当に贅沢な大菩薩歩きが出来ました。解説がとっても良かったです~♪。
ガイドさんを探して、小菅から牛の寝どうり、介山荘泊、翌日は何時もの大菩薩コースでと、計画します。
登る度に、違う魅力に包まれる大菩薩に感謝です。大菩薩から眺める富士の山は、世界一美しい霊山です。
 

レンタル掲示板
/11