投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 酔山様、皆様へ

 投稿者:酔山  投稿日:2019年10月19日(土)16時49分23秒
返信・引用
  ちづるさん

そうですね。
仰る様に、主宰のお気持ちをしっかり受け止めて、というところからスタートですね。
20日の大会の際は宜しくお願いを致します。
 

酔山様、皆様へ

 投稿者:ちづる  投稿日:2019年10月18日(金)22時57分3秒
返信・引用
  河原地主宰のお気持ちをしっかり受け止めて、全国大会でお会いできる皆さまに、まずはご意見をお聴きしたいと思います。酔山さんと、滋子さんは残念ですがお会い出来ませんのでまたご連絡させていただきます。

ひろ子さんやあみかさんはご遠方からのご出席ですので、お時間が許せば懇親会の後にでも集まりたいと思います。ご無理であれば、懇親会の時にお話を伺いたいと思います。皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

皆さまへ

 投稿者:露草  投稿日:2019年10月18日(金)01時48分3秒
返信・引用
  青嶺句会のみなさん
このごろはすっかりご無沙汰になっており、まことに申し訳ありません。
みなさんが真摯に意見交換されている内容を遅ればせながら拝読しました。

20日の全国俳句大会にはわたしも行けなくなってしまいました。主宰として忸怩たる思いですが、先日の台風の影響で勤務校の入試が1週間延期となり、監督責任者としてどうしても出勤しなくてはならなくなったためです。じかに顔を合わせてお話できればよいのですが、それもかなわなくなりました。

この句会、発足からもう15年くらい経つのですね。当時はわたしもまだ45歳で、栗田先生から「若手の育成を目的とした句会を持つように」とのご指示をいただき、とりあえずネット形式でスタートさせました。若手を意識して「青嶺」と命名した次第です。

わたしもはや還暦になり、何人も同人になられ、当初の趣旨は達成されたように感じております。ですから、そろそろ青嶺句会も看板の付け替え時期かもしれません。(若手育成については、来年、20代と30代限定の句会をスタートさせる構想があります。)

この数年、わたし自身もだいぶ句会が増えてしまいました。青嶺句会以外にも名古屋では愛知同人句会、伊吹嶺句会、カリンカ句会、朝日カルチャー教室、東海学園大での「俳句創作」授業(秋学期だけですが)、関西では京都句会、大阪句会、東風句会(宝塚)、関西の超結社による松の会吟行句会、さらに選句だけ頼まれている句会も複数ございます。「伊吹集」投句はがきの選句や「遠峰集」の選句、編集会議、その他、伊吹嶺発行所としてお金や会員名簿の管理など毎日何かと仕事が入ってまいります。もちろん勤務先の仕事も手をぬけません。

という次第で、正直なところちょっとわたしのキャパシティーを越えてしまっています。来年はわたしが直接指導する句会の数を今の半分に減らし、主宰としてもっと全般にかかわる仕事に専念することが必要だと痛感しております。

そこでまことに勝手ではございますが、まずは青嶺句会の指導者を引退させていただけませんでしょうか。できれば選者の仕事からも外していただけると非常に助かります。青嶺句会の皆さんの多くは、ちゃんと指導者がおられる別の句会に所属しておられますし、それぞれに力をつけ、わたしなしでも十分に句会運営できるものと確信しております。また、同人抜きで、会員だけで自主的に句会をしているところもございます。気の合った仲間と自主運営の楽しい句会をもつことが大切だと思います。わたし自身もこの数年、俳句指導が職業となり、楽しさというものを忘れがちです。指導に追われ、楽しんで俳句をつくる時間も無くなっているというのが現状です。

まずは主宰が率先して句作を楽しみ、生き生きとしてすぐれた句を作らなくては、結社の魅力はなくなります。もっと自分の作句に時間を割きたい思いがあります。このごろのわたしは指導者として人の句は直しても、自分の句を磨くことを怠っています。

まことに勝手なことばかり申して面目ない次第ですが、皆さんを信じ、わたしなしでもさらによい方向へ青嶺を育てて下さるものとご信頼申し上げております。なにとぞよろしくわたしの思いをお汲み取りいただければ幸甚です。
露草拝
 

ちづる様、皆様

 投稿者:酔山  投稿日:2019年10月12日(土)20時44分28秒
返信・引用 編集済
  皆様
 貴重なご意見・提言を、ありがとうございました。
 現状について、皆さんと問題を共有できたと実感しています。

 頂いた意見を要約すると次の様になろうかと思います。
 ・会は続けてほしい
 ・指導者がいてこそ句会本来の姿
 ・指導者の考えが最も重要な羅針盤
 ・句会の進め方は、指導者と幹事に委ねるべき

ちづる様
 つきましては20日の大会の折に、皆様で話し合う場を設けて頂けると有難いのですが。
 当日、私は出席できませんが、皆様が出される方針に従うつもりです。
 なお、独断で申し訳ございませんが、10月の句会はお休みとしました。
 よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:あき茶  投稿日:2019年10月12日(土)11時56分36秒
返信・引用
  遅くなりました。
青嶺という名前をいただいて始まったこの句会も、十五年近くになります。当初、露草さんを主宰に若手(そこそこ)で、遠方や、現役で句会に中々参加出来ない人の為! そして非公開と、いうことと記憶しています。
あれから人も増え、環境も変わって皆さんそれぞれの句会に属していらっしゃるかと思います。まず、露草さんの伊吹嶺主宰という責務を考えれば、"お時間があれば"と!(せめて番号のみ、とか) これからのことは、全国大会で話し合いができれば良いかと思います。
 のんびり屋の私が続けられたのもこのゆるいネット句会だからですが、続く事を願います。
 

Re: 私の意見

 投稿者:悦枝  投稿日:2019年10月11日(金)16時22分15秒
返信・引用
  酔山さま、皆さま

書き込みが遅くなり申し訳ありませんでした。
私はわこさんの「この句会の進め方に関しては、本来、指導者と幹事で決めていただければいいのではないでしょうか。指導者である河原地さんの考えを聞くことが重要」と言う意見に賛成です。

悦枝
 

ちづる様、皆様

 投稿者:酔山  投稿日:2019年10月11日(金)15時21分55秒
返信・引用
  9月30日に、「【重要連絡】皆様にお伺いします」との題で、私から皆様に問い掛けを致しました。

現在までに6名の方から、貴重なご意見を頂戴しております。

私としましては、全会員のご意見が窺えればとの思いから、それを待っている状況です。

つきましては、この10月の句会を中止とさせて頂いて宜しいか、お伺いする次第です。
 

(無題)

 投稿者:あみか  投稿日:2019年10月10日(木)14時24分44秒
返信・引用
  滋子さん
私の下手な句を読んで頂き嬉しいです。全国大会にはいらっしゃらないのですね、残念です。実は私京都以外の全国大会は初めてなのでちょっと緊張しています。大勢の人が集まって盛会でしょうね。
季節の変わり目なのでお体にお気をつけ下さい。週末の台風も関東、東海方面らしいので心配ですね。また来年の大会ででもお目にかかれますように。あみか
 

(無題)

 投稿者:滋子  投稿日:2019年10月10日(木)08時15分56秒
返信・引用
  あみかさん
9月号の巻頭作家、素敵なお句ですね。特に、最後の舞妓さんのお句が好きです。
悦枝さん
10月号の巻頭、おめでとうございます!
残念ですが、全国大会は、夏に体調を崩し、今回は欠席いたします。
ようやく、涼しくなり、体もおかげさまで、快復しつつあります。
 

今後の青嶺句会

 投稿者:ちづる  投稿日:2019年10月 9日(水)22時00分31秒
返信・引用
  酔山様
いつもありがとうございます。
酔山さんに頼りきってしまって、申し訳ありません。
おっしゃるように、やや沈滞気味なのは否定できません。皆さんの意見をお聞きして仕切り直しするのがいいと思います。ひろ子さんがおっしゃるように、せっかくいい場があるので続けていけたらと思います。
全国大会で皆さまにお会いするのを楽しみにしています。
 

みなさまへ

 投稿者:あみか  投稿日:2019年10月 8日(火)22時06分8秒
返信・引用
  酔山様、いつもお世話になり有難うございます。私は最近参加させてもらい、以前の青嶺会の様子が分からないので、あまり意見がありません。とりあえず作句の機会を頂き感謝しています。ただ、不空さんがおっしゃったように、露草さんに選句だけでもして頂けたら励みになると思います。また、20日の大会に出席する予定ですので、滋子さんとお目にかかれたら嬉しいです。私は悦枝さん以外どなたにもお会いした事がないので、どうぞよろしくお願いします。  

今後について

 投稿者:ひろ子  投稿日:2019年10月 6日(日)18時21分20秒
返信・引用
  お世話様です。酔山さんにはいつもお世話になっております。また今回のような会員の意見を聞いて下さる機会を設けて頂いたことが、まずありがたいことだと思います。今後はこのままでは厳しいかと思います。主宰の選を頂ければよいですが、難しいようなら河原地先生からどなたかご指導いただける秀峰集の同人を推薦していただき、ご指導願えないでしょうか。せっかく場がありますので生かしていかれればと思います。  

私の意見

 投稿者:わこ  投稿日:2019年10月 5日(土)16時41分58秒
返信・引用 編集済
  酔山さん 皆さま
伊吹嶺のホームページにある句会一覧をみると、
青嶺句会の指導者は河原地主宰で、幹事がちづるさんになっています。
この句会の進め方に関しては、本来、指導者と幹事で決めていただければ
いいのではないでしょうか。
河原地さんが主宰になられて、忙しいということは重々承知していますが、
やはり、指導が何もないという状態が続いていることから、
そもそも句会として成立しているのか疑問に思っています。
指導者である河原地さんの考えを聞くことが重要で、
私たちとしてはそのお返事待ちではないでしょうか。
青嶺には、同人の方が何人もいらっしゃるし、句会の進め方を指示して
いただければと思います。


 

酔山様・皆さま

 投稿者:滋子  投稿日:2019年10月 5日(土)13時55分16秒
返信・引用
  酔山さん
お返事が遅くなりまして、ごめんなさい。
いろいろと、考えてくださいまして、ありがとうございます。
私は、
酔山さん、ご提案の一番最後の、
「いちどオフ会を開いて、皆さんと話し合う」に賛成です。
いつも、
この句会を開いてくださいます酔山さん、そして、あみかさんとは、
お会いしたことがありませんので、
ぜひ、お会いしたいです。
 

Re: 皆さん、ご提案ですが、

 投稿者:不空  投稿日:2019年10月 3日(木)09時12分42秒
返信・引用
  不空です
 露草さんに選句だけでもしていただくと励みになります。お時間がなければコメントなしでも良いと思います。
 私は途中から入ったのでよく知りませんが、この句会は露草さんを中心に始められたもので、現在ご指導をやられている京都句会と同じくらい古いと思います。現在は主宰になられ、大学教授・研究者としてご多忙は重々承知していますが、そこをなんとかお願い出来ないでしょうか
 

【重要連絡】皆様にお伺いします

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 9月30日(月)11時28分54秒
返信・引用 編集済
  最近の青嶺句会は、やや沈滞気味の感があります。
ついては、皆さんの青嶺句会に対する“お考え”をお聞かせ願えないでしょうか。

例えば、
 ・今のやり方で良いので、このまま続けてほしいし、続けるべきです。
 ・会発足時の理念に立ち戻り再スタートしてはどうか。
 ・なんとしても存続すべきである。
 ・マンネリ化してると思うので、****のような手当が必要だ。
 ・魅力に乏しいので会を閉めてもよいのでは。
 ・一旦解散し、有志によって別途立ち上げる。
 ・いちどオフ会を開いて、みんなで話し合っては。

等々、いろんな意見をお持ちと思います。
皆さんの忌憚のないご発言を期待します。
 

お世話になります

 投稿者:滋子  投稿日:2019年 9月22日(日)08時40分24秒
返信・引用
  酔山さん
いつも、お世話になります。ありがとうございます。
俳句の勉強ができるのも、
このように、句会を運営してくださるおかげです。
このところ、なかなか俳句が出来ず参加できませんでしたが、
少しずつ、俳句モードを取り戻していきたいと思います。
 

9月のお題

 投稿者:わこ  投稿日:2019年 9月 9日(月)17時54分10秒
返信・引用
  皆様、こんにちは。
日はだいぶ短くなりましたが、暑さは真夏並みですね。
9月は、赤・青・白・黄・緑・茶・紫・黒・金・銀・藍・茜・紅・栗・芥子など、
色の漢字が入った秋の季語で5句、お願いしたいと思いますが、いかがでしょう?
 

Re: お返事遅くなりました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 9月 5日(木)16時00分54秒
返信・引用
  あみかさま

詳細に書いていただき有難うございます。
ぞろぞろの方がわらわらよりも(僕個人的には)情景に入っていきやすいです。
数人ではなく10人ほどとなると、より一層かなと。
なお、口幅ったい事を申し上げる無礼をどうかお許しください。
辞書には、
 わらわら=散り乱れるさま。ばらばら
 とありますので、情景には少し合わない様にも思えます。

 「夏暖簾跳ねぞろぞろと異国人」 が好きです。
 

お返事遅くなりました

 投稿者:あみか  投稿日:2019年 9月 5日(木)13時45分26秒
返信・引用
  > No.1918[元記事へ]

酔山さま
 ずっと青嶺のカフェを見ていなくて失礼しました。私の句に興味を持って下さって嬉しいです。今の京都は混んでいるので、私は観光地はあまり行きません。でも四条通や祇園界隈に銀行や買い物の用事でうろうろするので大量の外国人と出会います。昔ながらの団体さんは少ないしもう中国人、台湾人、韓国人はあまり目立ちませんが、欧米系やラテン系のグループがカジュアルな格好でわいわいしているのが私には目につきます。イスラムの服装の家族も最近多くなりました。この句は三条大橋近くの若者向けの町家風のカフェからわっとアラブ系の若者たちが暖簾を跳ね上げて出てきたところです。3,4人かと思ったらぞろぞろ10人近くにもなり「夏暖簾跳ねてぞろぞろ異国人」と浮かびました。わらわらを思いついたので「跳ねて」を「割れて」に変えて頭韻を踏む真似ごとをしてみました。自分では気に入った句だったので、点が入らず「あ~一人よがりの句だったんだな」と思い知りました。
 いつもお世話になっていて有難うございます。先月はちょっと大変で病院通いをしていたのでお休みしましたが、少ししはよくなっているのでまた頑張って作句するつもりです。よろしくお願いします。
 

あみか様

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 8月27日(火)11時36分41秒
返信・引用 編集済
  御句の「夏暖簾割れてわらわら異邦人」、面白い瞬間を切り取った眼力に敬服。
『異邦人の団体ばかりで暑苦しい』とのコメントに、見事な表現かと頷いております。
この”わらわら”ですが、実際の情景をもう少し詳しく説明して頂けると幸甚です。
・・・割れわらわらと異邦人?
 

Re: 今月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 8月11日(日)08時24分49秒
返信・引用
  > No.1916[元記事へ]

達哉さんへ

承知しました。

酔山
 

Re: 今月のお題

 投稿者:達哉  投稿日:2019年 8月10日(土)16時46分30秒
返信・引用
  > No.1915[元記事へ]

酔山さんへ

では「暑」「夏」の字を含む季語で盛夏を感じさせる句を5つ

こんな感じでいかがですか?
(「暑」だけでは少ないかなって思って)
 

Re: 今月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 8月10日(土)05時10分45秒
返信・引用
  > No.1914[元記事へ]

達哉さんへ

ありがとうございます。
前者の方が良いかなと。
できれば、もう少し絞り込んで戴けたらと思います。
宜しくお願いします。

酔山
 

今月のお題

 投稿者:達哉  投稿日:2019年 8月 9日(金)19時55分10秒
返信・引用
  遅くなりましたが、僕が出題の番ですね。
暑い日が続きますね。

「暑さを感じる句」など「盛夏を思わせる句」はどうでしょうか?
もしくは
歳時記の夏の生活から5句。

どちらがよいでしょうか?
 

Re: 今月のお題

 投稿者:悦枝  投稿日:2019年 7月 9日(火)19時34分6秒
返信・引用
  酔山さん

お手数おかけしました。よろしくお願いします。

悦枝

> 悦枝さんへのお返事です。
>
>  承知しました。
>
>  それで行きましょう!
>
>  酔山
>
> > 酔山さんへのお返事です。
> >
> > では
> >
> > 音で夏を感じさせる句
> >
> > どうでしょうか?
> >
> > 悦枝
 

Re: 今月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 7月 9日(火)18時10分8秒
返信・引用
  > No.1911[元記事へ]

悦枝さんへのお返事です。

 承知しました。

 それで行きましょう!

 酔山

> 酔山さんへのお返事です。
>
> では
>
> 音で夏を感じさせる句
>
> どうでしょうか?
>
> 悦枝
 

Re: 今月のお題

 投稿者:悦枝  投稿日:2019年 7月 9日(火)17時11分32秒
返信・引用
  酔山さんへのお返事です。

では

音で夏を感じさせる句

どうでしょうか?

悦枝

> 悦枝さん
>
>  『音そのものを出さずに「音で7月を感じる」』
>
>  ちょっと解釈が難しい様に思いますが?
>
>  こうであればOK、こういうのはNG、と例を示して頂けると有難いのですが・・・
>
>  酔山
 

Re: 今月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 7月 9日(火)16時43分50秒
返信・引用
  > No.1909[元記事へ]

悦枝さんへのお返事です。

悦枝さん

 『音そのものを出さずに「音で7月を感じる」』

 ちょっと解釈が難しい様に思いますが?

 こうであればOK、こういうのはNG、と例を示して頂けると有難いのですが・・・

 酔山
 

Re: 今月のお題

 投稿者:悦枝  投稿日:2019年 7月 9日(火)09時10分48秒
返信・引用
  酔山さん

音そのものを出さずに「音で7月を感じる句」でいかがでしょうか?

悦枝
 

Re: 今月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 7月 9日(火)05時48分33秒
返信・引用
  悦枝さんへのお返事です。

悦枝さん

 ありがとうございます。
 恐れ入りますが、<鍛錬の場>との趣旨を酌んでいただき、
 もう一歩”踏み込んだ”題でお願いしたく思いますが、いかがでしょうか。

 酔山
 

今月のお題

 投稿者:悦枝  投稿日:2019年 7月 8日(月)20時43分9秒
返信・引用
  酔山さん

お世話になっております。今月のお題は7月の行事と生活でいかがでしょうか。

悦枝
 

あみか様

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 6月11日(火)12時01分56秒
返信・引用
  了解いたしました。
どうぞ、ご無理なさらず お大事になさって下さい。
 

申し訳ありません

 投稿者:あみか  投稿日:2019年 6月11日(火)11時33分34秒
返信・引用
  酔山さま、いつもお世話になっています。毎月楽しく参加させて頂き、有難うございます。今月体調がが悪くお休みします。よろしくお願いします。  

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 6月 8日(土)09時51分40秒
返信・引用
  今月は、滋子さんからの出題です。

 鬱陶しい梅雨の時期となりましたので、清涼感を感じる五句、ご投句ください。

〆切は6月15日(土)24時とします。

皆さまよろしく!
 

6月のお題

 投稿者:滋子  投稿日:2019年 6月 8日(土)09時12分6秒
返信・引用
  酔山さん
いつも、お世話になっております。
お題ですが、
いよいよ、鬱陶しい梅雨の時期となりました。
なので、清涼感を感じる句をお願いいたします。

 

選句をお願いします

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 5月16日(木)10時28分19秒
返信・引用
  今回から、このカフェでの「投句一覧」と「選句欄の案内」の掲示は致しません。
青嶺句会Ⅱにて選句数や〆切日など確認ください。
 

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 5月 9日(木)20時59分49秒
返信・引用
  今月は、あき茶さんからの出題です。

 新緑の瑞々しさに心躍る五月。

 その爽やかさの残るような五句、ご投句ください。

〆切は5月15日(水)24時とします。

皆さまよろしく!
 

宜しく御願いします<(_ _)>

 投稿者:あき茶  投稿日:2019年 5月 9日(木)19時56分51秒
返信・引用
  新緑の瑞々しさに心躍る五月。その爽やかさの残るような句! と、いうことでお願いします。
酔山さん、今月からまた宜しく御願いします<(_ _)>

 

選句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 4月16日(火)11時33分2秒
返信・引用
  難題にも拘らず、34の<五感>が出ました。

 今回は5句選です!

 特選(◎)1、入選(○)4の5句選で、選句をお願いします。

 選句〆切は、4月20日(土曜)24時とします。
 

第129回 青嶺句会 投句一覧

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 4月16日(火)11時31分4秒
返信・引用
  お 題 : 人間の五感をテーマとした春の句
---------------------------------------------------------------------------------

1. 春障子習ひ始めし三味の音よ
2. 師の句碑の辺に佇めば囀れり
3. 御持たせの桜餅食ぶ父忌日
4. ふらここの軋み懐かし筒井筒
5. 石垣に触れて信濃の浅き春

6. ランドセル弾んで花の角曲がる
7. 桃色の肉球柔き子猫かな
8. 子の指にパチンと石鹸玉弾け
9. 花疲れ湯気柔らかきハーブティー
10. パラパラと霰降る音に飛び出せり

11. 木の芽風矢場となりたる北の丸
12. 麗人のコロン怪しき春日傘
13. 鳥の声消え満天星の満開に
14. てのひらに打たれ木の芽の香り立つ
15. こめかみの微かな疼き花疲れ

16. 風やはき古刹に遍路笠ふたつ
17. 先導を譲り合ふ神輿(こし)桜まじ
18. 啓蟄や足の小指をぶつけけり
19. 防大生揃う足並み初桜
20. リズムよき農夫の鍬や雉子啼く

21. クワイアに続き合唱入学す
22. 音立ててほほばるラスク春の午後
23. ボサノバの誘ふ眠気や春の昼
24. さえずりや雁木通りの投票所
25. 稽古場の窓に音聞く春霰

26. 春の朝パン焼く匂ひで目覚めけり
27. トーストに塗る蕗味噌のきらきらと
28. 天守より眼下一望花の雲
29. 菜の花の揺れて子犬が飛び出せり
30. お通しは藍の小鉢の蛍烏賊

31. 休日のキャンパス花の楽園に
32. 声を張る募金の子らや花一分
33. 外干しの肌着の匂ひ夏近し
34. 花冷えや深きピートのウヰスキー
 

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 4月 6日(土)12時34分38秒
返信・引用
  今月は、あみかさんからの出題です。

 人間の五感をテーマとして春の季語五句、ご投句ください。

 ・視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚など、痛覚などもOK

 ・同じ感覚の句を複数でもOK

〆切は4月15日(月)24時とします。

皆さまよろしく!
 

あみか様

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 4月 5日(金)20時54分27秒
返信・引用
  4月のお題、ありがとうございます。
五感・・・いいですね。
只、感覚というものの捉え方に個人差が生じるかも。
でも、面白いテーマだと思いますので、これでいきましょう。
 

4月のお題

 投稿者:あみか  投稿日:2019年 4月 5日(金)18時41分7秒
返信・引用
  酔山様、いつもお世話になり有難うございます。4月のお題ですが、春の季語で人間の五感
視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などをテーマの句はどうですか。痛覚などもOkです。1句ずつとは
思ってなくて、同じ感覚の句を複数でもOKです。不適切なお題でしたらまたお知らせ下さい。
 

Re: ひろ子さま

 投稿者:ひろ子  投稿日:2019年 3月16日(土)20時42分2秒
返信・引用
  > No.1891[元記事へ]

酔山さんへのお返事です。

> 管理者権限にて削除させていただきました。


酔山様

ありがとうございました。
お手数おかけいたしました。
 

選句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 3月16日(土)09時16分53秒
返信・引用 編集済
  <春の花、花のある情景>が満ちています。

 今回は5句選です!

 特選(◎)1、入選(○)4の5句選で、選句をお願いします。

 選句〆切は、3月20日(水曜)24時とします。
 

第128回 青嶺句会 投句一覧

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 3月16日(土)09時07分51秒
返信・引用
  お 題 : 春の花または花のある情景を写生して
---------------------------------------------------------------------------------

1. しんがりは六年生や花辛夷
2. 紅梅や欅木目の大手門
3. 週日は無人の畦やげんげ咲く
4. 咲き初むる小米桜の風柔し
5. 波滾る島の岸壁黄水仙

6. 石楠花や足音もなく杣行けり
7. 足止めて沈丁の香を吸い込めり
8. 寄せ合ひて潮風受くる藪椿
9. 梅日和流燈句碑で待ち合はす
10. 雪柳大波小波と揺れ続け

11. たんぽぽを避けてハーレー止まりけり
12. 玻璃越しの根の清らなりヒヤシンス
13. 白梅の匂ひ纏へりやすし句碑
14. 胴吹きの蕾いぢらし老桜
15. 沈丁の蕾香りをぎゆつと詰め

16. 涙目に香りの潤む沈丁花
17. シクラメン独り暮らしの父思ふ
18. 桃咲くや父祖の田畑継ぎし里
19. 花房に触れて優しき雪柳
20. 紅椿落つ神宮の信長塀

21. ソプラノの聖歌響けり花ミモザ
22. 青空に黄色まぶしむ花ミモザ
23. ならずの梅薄紅の花芳しく
24. バイエルは今日でおしまいヒヤシンス
25. 天を向く花弁のカップ白木蓮

26. 手を伸ばし土手の土筆を二三本
27. 園庭に背丈揃ひてチューリップ
28. ぽつぽつと刺し子模様や雪柳
29. 残花なほ分校跡の尊徳像
30. 三味の音の竹垣越しに木瓜の花

31. 連翹を透かし見る藪小糠雨
32. 笛と図画持ち帰る子ら犬ふぐり
33. 畦道に映ゆる水色犬ふくり
34. 留学生らの母国料理や花の宴
 

ひろ子さま

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 3月16日(土)08時10分22秒
返信・引用 編集済
  管理者権限にて削除させていただきました。  

タイトル欄の「無題」

 投稿者:ひろ子  投稿日:2019年 3月16日(土)00時39分2秒
返信・引用 編集済
  酔山様
お世話になっております。新しいサイトに投稿した際、修正をしようと思いましたらタイトル欄に「無題」として3つほど残ってしまいました。削除しようと思いましたら「返信」したことになってしまい、これ以上は…と思いそのままになっています。投句の修正はできました。すみません、よろしくお願いいたします。
 

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2019年 3月 8日(金)17時47分27秒
返信・引用
  今月は、不空さんからの出題です。

 春の花または花のある情景写生して五句、ご投句ください。

〆切は3月15日(金)24時とします。

皆さまよろしく!
 

/39