teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第1回実行委員会

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 5月18日(木)21時39分4秒
     日 時:平成29年5月18日(木)14:30~
   場 所:はなや
    出席者:花村、益村、礒部、冨金原、松本
        清島、本田、村田、石部、藤村
       大福、赤羽(事務局)

 議題
  1、テーマ
     今回はテーマを設定しない。

  2、開催日時
     第1候補  平成30年11月10日(土)18:00(予定)
     第2候補  平成30年11月17日(土)18:00(予定)

  3、場所
     ANAクラウンプラザホテル(予定)

  4、会費
     10,000円(予定)

  5、ゴルフコンペは前回通り実施する。

  6、役割分担について
    各委員の役割を決めた。

  その他のことは順次実行委員会で協議決定する。

  次回開催日は11月23日(木)場所未定

 みんなで前回までのように楽しく思い出に残る会にしたいと頑張っています。
 お楽しみに・・・(実行委員一同)
 
 

クラス委員会を開催しました。

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 5月18日(木)21時20分2秒
  クラス委員会
  日 時:平成29年5月18日(木)14:00~
  場 所:はなや
  出席者:花村、益村、礒部、冨金原、赤羽、松本
      清島、本田、村田、石部、藤村、大福

  議題
    1.来年実施予定の「かたばみ35会IN宇部」の実施について

    (1)実行委員会の発足
      本日出席者全員と本日欠席の福居さん、花盛さんの14名を実行委員とする。
     (2)実行委員長の選出
      花村さんを選出し本人の快諾を得た。

   今後のことについては実行委員会で協議することにして閉会した。
 

秋吉台山焼の続き

 投稿者:益村 剛  投稿日:2017年 2月21日(火)15時08分45秒
   2月19日の山焼(昼の部)は順調に終わった。(否!10:20死者が出ていた。初めてことだと思う。) この事を知らずに、16:30小野田の我が家を出発した。17:20秋吉台博物館近くの駐車場から歩いて展望台近くにカメラ・三脚抱えていくが、どうも人出が少ない。いつもは展望台には三脚がずらりと並んでいるのに、今日は数台しか見当たらなかった。そして、博物館あたりの空地には駐車できないように紐やロープ等で柵が作ってあるのに、今日は無し。どうしたことやらと不思議に思いつつも、見晴らしの良い場所を探して三脚を立てて、日没を眺めながら「山焼 夜の部」が始まるのを待っていた。綺麗な日没を呈さづ太陽は山の向こうに沈んでいった。暫くしてカメラを担いだオジサンが来て「夜の山焼は中止になりました。昼間死者が出たので」と言った。ありゃりゃ!! 折角防寒着しっかり着込んで来たのに。残念なり。

  どなたか存じませんが、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

     
 

秋吉台山焼

 投稿者:益村 剛  投稿日:2017年 2月21日(火)14時33分38秒
   2017年2月19日 秋吉台の山焼が挙行された。天候不順で延期されることなく珍しく一回目で焼かれた。友人と二人で四年振りに行った。家族旅行村に駐車し、08:05分受持ち場所に向って歩いた。UP&DOWNのある防火帯を避けて登り詰めて横道辿ろうとしたが、生い茂った笹の中を歩くはめになった。それでも秋吉台最高峰の龍護峰(426m)の下部300m付近の火付場所に着いたのは09:05分で着火のサイレンがなるまで25分あった。延焼を防ぐ道具としてそばの葉のついた小枝を切って火消し具を作った。09:30分サイレンが鳴り渡ると、私もライターで刈り倒してある笹を束ねて火をつけた。

 17日は雨が降ったが、18日は快晴であったのでよく乾燥したのであろう。笹原は勢いよく燃え広がりあっという間に斜面を駆け巡った。20分位経って延焼の恐れがなくなると、真っ黒に焼けた笹の灰を踏んで高台上がった。するとどうだろう、いつもならまだ燃えつつある山頂付近も燃え尽きて真っ黒になっていた。なんと速い燃え方だろう。あたりのなだらかな笹原・草原も殆ど黒い平原になっていた。

 燃え終わった真っ黒い平原を歩くと灰が舞い上がり否応なしに吸い込んで時々咳が出た。マスクをすればいいんだが、車の中に置いてきた。馬鹿だな。龍護峰に登り、ここから北へ進んで「西の西山」(408m)にも登って帰途についた。


        - --- 写真館の写真をご覧ください----

 

26回目の安芸冠山登山

 投稿者:益村 剛  投稿日:2017年 2月 3日(金)14時09分0秒
   1月28日広島県の安芸冠山(1339m)に26回目の登山をした。数日前鳥取県や広島県に大雪が降ったので雪が固まるのを待って28日出発した。高速道路の両脇には1m位の雪塊が連続して残っており、こりゃ山は大雪だなと期待を膨らませて車を走らせた。潮原温泉で靴を履き替えて登山開始。直ぐに3m位の雪塊が登山道を塞いでいて乗り越えるのにちょっとばかり時間がかかった。その先は30cm以上の積雪の上を歩く。表面は少し固くなっていたが、中は軟らかくてズボズボと埋まって歩きにくかった。輪かんじきを持ってくればよかった、と思ったがもう遅し!

 私が靴を履き替えている間、若き登山者が登っていった。彼はアルミ製の輪かんじきをはいていた。踏み固められた彼の踏みあとを外さぬように辿って登った。いつもは凍結して危険な三つの木橋の上は軟らかい雪で覆われアイゼン無しで通過できた。オオタキという所の大岩に垂れ下がる大きなツララを期待したが驚くほどのものでなかった。

 1000mを越えると傾斜は大きくなり積雪もますます深まり、登るのが困難になった。時計を見るといつもより二倍かかっていた。こりゃ頂上まで登れるかな?と暗雲漂った。今日最初に入山した登山者が私の目視確認範囲に入って間もなく、三番手の登山者が追ってくるのが目に入った。60歳台位の彼もアルミ製の輪かんじきを履いており、やがてすいすいと私を追い越して行った。私は二人の輪かんじきの踏みあとをしっかり見つめて踏み登っていった。

 4時間余りかかって12時30分山頂に立った。雲一つない青空いっぱいの美しい空だった。南東の方に目をやると遥か彼方に石鎚山の山並がはっはりと浮かんでいた。安芸冠山から130km先の山が見られたのは初めてであり、感動のひと時であった。

 私の高度気圧計は868hpa,1390mを指していた。輪かんじきをつけて登った二人の登山者は13時05分先に下山した。彼ら二人の踏みあとがなかったら私は登れていないだろう。私は彼ら二人に感謝の言葉を述べて別れを惜しんだ。彼らの姿が見えなくなると、山頂より北へ行き展望の開けた所から北側の中国山地の山並を撮影して13:20分下山開始した。

    -----写真館の写真をご覧ください。------
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 1月 1日(日)01時39分40秒
  かたばみ35会のみなさん

あけましておめでとうございます。

昨年は元気な皆さんとお会いでき、楽しいひと時を過ごすことができました。
次回も元気でお会いしましょう。

皆さんの健康とご多幸をお祈りいたします。

               かたばみ35会

                   会 長  礒 部 輝 雄
                         実行委員一同
                            事務局
 

ありがとうございました

 投稿者:事務局  投稿日:2016年12月16日(金)18時00分4秒
  総会当日はありがとうございました。

行き届かぬところもありましたが、楽しいひと時でした。
久しぶりに異性と手をつなぎ、ときめいたのではないでしょうか?
フォークダンスは好評だったので、次回も・・・?

さて、本日記念写真をお送りしました。
もう一度思い出して、ときめいて下さい。

実行委員一同、昨日総括会議を開き多々反省しました。
そして肩の荷が下りました。

2年後をお楽しみに・・・
 

総会のページを掲載

 投稿者:三好十武士  投稿日:2016年11月20日(日)13時58分43秒
  かたばみ35会2016 IN 宇部 参加の皆さまお疲れでした。
ホームページに”35会2016 NEW ”として掲載しました。
写真はすべて益村氏の撮影によるものです。
?
 

第8回実行委員会

 投稿者:事務局  投稿日:2016年11月10日(木)20時34分23秒
  11月10日(木)14:00~ (於:はなやMJサロン) 出席者12名
議題
  1.これまでの経過と今後の予定
  2.当日の会運営について確認
   ・プログラムの確認
   ・配布物
   ・ホテルにお願いすること
   ・各係から
  3.出席者と座席確認
   ・出席者
    恩師:1名 男子:44名 女子:36名 合計:81名
    二次会出席者 男子:23名 女子:21名 合計:44名
   ・翌日ゴルフ出席者 男子:20名 女子:1名 合計:21名
                              以上


当日懐かしい顔に会えることを楽しみに。
気を付けて参加してください。
(実行委員一同より)
 

第7回実行委員会

 投稿者:事務局  投稿日:2016年10月22日(土)19時29分12秒
  10月20日(木)14:00~

議題
  1.これまでの経過と今後の予定
  2.事務局から出席者名簿
  3.当日の会運営について
   各担当がやるべきことを確認
  4.その他ホテルとの確認事項
              以上
次回は11月10日(木)

  ※ これから参加申し込みの方、今月中は間に合います。
  ※ キャンセルの方も今月中にお願いします。
 

レンタル掲示板
/14