投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 酔山様

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月23日(木)16時33分46秒
返信・引用 編集済
  ひろ子さま
 大丈夫です。
 修正済みました。
 ちょっとウッカリされたのでしょう、きっと。

滋子さま
 名乗りの、15番の○1つを◎に変更しておいてください。
 

Re: 酔山様

 投稿者:ひろ子  投稿日:2017年11月23日(木)14時25分39秒
返信・引用
  すみません。
お手数おかけしました。
◎○追加いたしました。
よろしくお願いします。
 

ひろ子さま

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月21日(火)09時13分11秒
返信・引用
  今回の選句にて、9番と15番に〇または◎のマークが印されておりません。
よろしくお願いします。
 

選句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月16日(木)09時12分19秒
返信・引用
  28句が出ました。
特選(◎)1、入選(○)3の4句選で、選句をお願いします。
選句〆切は、11月20日(月曜)24時とします。
 

第112回 青嶺句会 投句一覧

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月16日(木)09時10分33秒
返信・引用
  お 題 : 11月初旬の今日一日を詠む
-----------------------------------------

1. 勲章と縁なく老いぬ文化の日
2. 曝涼を見し目にやさし牡鹿の目
3. 句会果てカフェに語れば日短か
4. 修理出す万年筆や冬曇
5. 足早に友待つ駅へ赤コート

6. 師の句碑を訪ふ花石蕗の美しき日よ
7. 柊の花の香ほのと庭いぢり
8. 横雲の黒きより日矢冬茜
9. 小春空ゆるりとビルの観覧車
10. カーブ切る冠雪の富士正面に

11. 早足で脂肪燃えよと寒き朝
12. 落葉踏む音のかそけき夕間暮
13. 大綿の漂ふ夕の街せはし
14. 黄落を抜けて蘆雪の虎に会ふ
15. 一日中針の手動く初しぐれ

16. 焼き芋の焦げて香ばし休肝日
17. 日短やパラパラめくる料理本
18. 御仏の指反り返る今朝の冬
19. 小春日の亀浮く池をひと巡り
20. 祝着に長靴履きし七五三

21. 美容師の父へ帰郷の七五三
22. ビバークの夜の長さよ鹿の声
23. 霜月のイルミネーション愛で合へり
24. 腰に巻く上着重ね着夕まぐれ
25. 夕べかな白山茶花の零れ散る

26. 家苞に赤いワインと焼栗と
27. 宮仕へ懐かしむ日や木の葉髪
28. 師へ贈る小さき花束冬薔薇
 

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月 9日(木)17時42分18秒
返信・引用
  今月は悦枝さんの出題です。

 ”11月初旬の今日一日を詠む”で5句。

(悦枝さん)
今月のお題は「11月初旬の今日一日を詠む」でお願いします。
特別な行事の日もあると思いますが、通勤・通学、家事・仕事、友達と会ったり、ふらりと出かけたり…朝起きてから就寝までの一日を詠むのはいかがでしょうか。

 〆切は11月15日(水)24時とします。

 さて、今日という日は、どんな一日であったろうか・・・
 皆さまよろしく!
 

Re: 11月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月 9日(木)17時16分52秒
返信・引用 編集済
  > No.1739[元記事へ]

悦枝さん、「鍛錬句会」に沿ったお題をありがとうございます。
早速に投句欄を作ります。
 

11月のお題

 投稿者:悦枝  投稿日:2017年11月 9日(木)14時29分45秒
返信・引用
  今月のお題は「11月初旬の今日一日を詠む」でお願いします。特別な行事の日もあると思いますが、通勤・通学、家事・仕事、友達と会ったり、ふらりと出かけたり…朝起きてから就寝までの一日を詠むのはいかがでしょうか。  

ご案内 青嶺句会の進め方

 投稿者:酔山  投稿日:2017年11月 8日(水)08時53分39秒
返信・引用
  再確認の意味も含めて作成しました。

          毎月10   15   20   25   月末
------------------------------------------------------------------
 出題         ★
 投句           ------〉
 投句一覧作成         ◆
 選句               ------〉
 選句一覧作成             ◆
 投句者名乗り              ------〉………-〉
------------------------------------------------------------------

■頻度:月1回とする。
■出題:毎月9日までに出題される。
    出題者は次の9人の当番制とする。
     悦枝→達哉→わこ→ちづる→酔山→ひろ子→不空→あき茶→滋子
    もし、当番の人が欠席の場合は順送りとする。欠席する場合は早目に進行係へ連絡する。
■句会開始:毎月10日
    進行係(酔山)担当で投句覧を作成、題と投句数が示され句会を開始する。
■投句:毎月15日締切
    投句は投句欄に返信する形で投句する。
    一時に集中した投句は避け、なるべく日時を分散して投句するのが望ましい。
    投稿者名を”投句”として、投句者名は伏せておく。
    投句の際に”修正・削除キー”を設定しておく事で、何時でも修正または削除が可能。
■投句一覧作成:進行係(酔山)担当
■選句覧作成:進行係(酔山)担当
■選句:毎月20日締切
    選句は選句欄に返信する形で1人5句(特選◎x1、入選○x4)を基本とし、状況により調整。
    採った句にコメントを書き添える
■選句一覧作成:進行係(酔山)担当
■投句者名乗り:毎月25日を目標に遅くても月末までに。
    なお、名乗りの際に
    (1) 1点以上(◎、○いずれも1点と数える)入った句について、その句意などを語る
    (2) 3点以上の “誉れ”ある句については、熱く語る
    (3) 無得点の句について語る事も、もちろん構わない。
 

他にも

 投稿者:悦枝  投稿日:2017年11月 2日(木)16時37分33秒
返信・引用
  具体的に何色と言わずに色を感じさせる句を選びましたが、最後まで迷ったのは以下の4句。作るのも選ぶのも苦労しました!

4. 紀の川の岸へなだるる柿紅葉
 川の流れと紅葉。綺麗な光景ですが、柿の木はどこに…川の中?と悩んでしまいました。
9. 青げらや眼吊上げドラミング
 "色"より鳥の行動の面白さが勝っている気がして今回は選びませんでした。
24. キャンパスの小径満天星紅葉燃ゆ
 満天星の紅葉は"燃ゆ"がぴったりの見事さだと思います。
34. 猫の庭狗尾草の紅葉せり
 猫と一緒に紅葉を楽しんでいる心温まる光景です。
 

私も

 投稿者:滋子  投稿日:2017年11月 1日(水)20時02分17秒
返信・引用
  わこさんの感想を読みまして、私もそう思いました。
ただ、私のお題が「色を」としてしまったので、
特に色を句の中に入れなくてはいけないと意識されたのでしょう。
 

選べなかった句

 投稿者:わこ  投稿日:2017年10月29日(日)20時58分25秒
返信・引用
  好きな句だけれど、色が入っていなければ取りたかった句が何句かありました。
気になった2句について、あくまでも私の感想です。
13.褐色の蝗煮…
 蝗煮が褐色なのはわかっているので、瓶にギッシリ詰められていたとか、蝗煮の状態が詠まれていると良かった。
44.米櫃に虫除け…
 たうがらしは赤いに決まっているので、いくつ入っていたなど、どんな風に米櫃に入れられていたかが詠まれていると良かった。
 

名乗りに際しまして、お願いです

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月21日(土)15時30分58秒
返信・引用 編集済
  先般の「不酔会談」の報告の折に、いくつか提案させていただきました。
その中で、名乗りをされる時、次の2点をご配慮願えればと存じます。

名乗りの際に

(1) 1点以上(◎、○いずれも1点と数える)入った句について、その句意などを語って下さい。

(2) 3点以上の “誉れ”ある句については、熱く語って下さい。

なお、無得点の句についても、語っていただける事は大いに歓迎です。
 

選句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月16日(月)20時29分18秒
返信・引用
  色とりどりに45句集まりました。
特選(◎)1、入選(○)4の5句選で、選句をお願いします。
選句〆切は、10月20日(金曜)24時とします。
 

第111回 青嶺句会 投句一覧

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月16日(月)20時20分5秒
返信・引用
   お 題 : 色を感じられる句
-----------------------------------------

1. 古民家のカフェの白壁梅もどき
2. 朝寒の足湯に踵赤らめり
3. 綿打てば真白き綿のふつくらと
4. 紀の川の岸へなだるる柿紅葉
5. 秋空へ子供神輿を突き上ぐる

6. 絞り屋の中庭白い曼珠沙華
7. 芋の葉が揺れて輝く梅雨時雨
8. 秋晴や青き目をした新婦かな
9. 青げらや眼吊上げドラミング
10. 眼下には越後の枯田のパッチワーク

11. 作問の会議の後の南瓜パイ
12. 秋灯下硯の海に墨の艶
13. 褐色の蝗煮買ふや伊那の旅
14. 漆黒の闇に篝火小瀬鵜飼
15. 運動会平和を願ふ万国旗

16. 金木犀カップに挿して研究室
17. ビル解体空き地をさらす秋夕焼
18. 焼栗の爆ぜて皮より飛び出せり
19. ミサの鐘葡萄黄葉の空に鳴る
20. 母の忌が近し白萩こぼれ初む

21. 梅花藻の流れさやけし水門川
22. 子ら見上ぐ団栗たわわ未だ緑
23. 蘆の穂も白波となる朝かな
24. キャンパスの小径満天星紅葉燃ゆ
25. 家元の活けし真白な花芒

26. 見はるかす町は白銀月今宵
27. 石灯籠桜紅葉の影淡し
28. 家計簿に母赤い羽根はさみをり
29. 恥ぢらひつ身籠り知らす草紅葉
30. はち切れむ赤銅色の一つ栗

31. 一房の葡萄白磁の皿に盛り
32. 夏の果娘の白き日焼跡
33. 杉玉の茶の色深く今年酒
34. 猫の庭狗尾草の紅葉せり
35. 羽衣の天冠触るるもみづる枝

36. 非翠玉一房重きマスカット
37. 山門の褪せたる朱色蚯蚓鳴く
38. 赤白黄のV字あざやか菊花展
39. 南瓜喰ふ十三日の金曜日
40. 色褪せし黒塀に垂る柿かたし

41. 書道展瓶にあふるる秋の草
42. 秋夕焼駅の時計は調整中
43. 金木犀のぼる黄色のいぼむしり
44. 米櫃に虫除け紅きたうがらし
45. ランタンの眼に闇深しハロウィン
 

伊吹集選後評

 投稿者:滋子  投稿日:2017年10月15日(日)15時40分0秒
返信・引用
  露草さま
なかなか、俳句が作れず悩んでいる中、
10月号の伊吹集選後評を読んで、
とても、勉強になりました!
細部への観察力を養いたいと思います。
 

Re: 感謝

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月12日(木)11時37分40秒
返信・引用
  > No.1728[元記事へ]

露草さん
みなさま

”泥船”にならぬよう、尽力いたします。
みなさまの《活発な投稿》が支えであり、また励みになります。
どうか宜しくお願いします。
 

ありがとうございます

 投稿者:滋子  投稿日:2017年10月11日(水)15時56分48秒
返信・引用
  不酔会談の様子をお知らせしていただきまして、
ありがとうございました。
俳句に前向きな皆さんの刺激を受けることが出来、
嬉しいです。
 

感謝

 投稿者:露草  投稿日:2017年10月 9日(月)21時44分23秒
返信・引用
  酔山さん、さっそくご進行役をありがとうございます。
大船に乗った気分でおります。
では、みなさんも鍛錬句会、盛り上げていきましょう!
 

投句欄を設けました

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月 9日(月)17時25分33秒
返信・引用
  今月は滋子さんの出題です。

 ”色を感じられる句”で5句。

 いきなりのハイレベルですねぇ!(笑)
 5句とも同じ季語でも、また同じ色でも構いません。
 〆切は10月15日(日)24時とします。
 <鍛錬句会>スタートです。 皆さまよろしく!
 

出題当番

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月 9日(月)17時17分55秒
返信・引用
  念のため、出題当番の順をお知らせしておきます。(敬称略)

滋子(10月)→悦枝(11月)→達哉(12月)→わこ(1月)→ちづる(2月)→酔山(3月)→ひろ子(4月)→不空(5月)→あき茶(6月)→滋子(7月)・・・

皆様よろしくお願いいたします。
 

Re: 「鍛練」についての補足

 投稿者:悦枝  投稿日:2017年10月 8日(日)10時04分15秒
返信・引用
  「不酔会談」では個々の句会での体験を通して、青嶺句会の活性化について色んなアイディアが出され、酔山さんが提示された4つの方策にまとまりました。参加されなかった方々もきっと良い考えをお持ちでしょう。「こんな方法がある」「難しいかもしれないけど、どうだろう」、もし会う機会があれば(私ならわこさんやあき茶さんですけど)話し合った結果をカフェに書き込み、皆で考えれば、さらに充実した楽しい句会になると思います。  

「不酔会談」

 投稿者:ちづる  投稿日:2017年10月 8日(日)00時07分53秒
返信・引用
   昨日は、初めて酔山さんにお会いすることが出来、またわざわざ名古屋まで出掛けて来て下さった不空さんとも久しぶりにお会いし、仕事を抜けて参加出来良かったです。
 この青嶺句会に最初から参加しているのに、<鍛錬の場>であることを初めて知りました^^;

ここで少し風を入れて、また皆さんと一緒に励んでいきたいと思います。
よろしくお願いしますm(__)m
 

Re: 「鍛練」についての補足

 投稿者:露草  投稿日:2017年10月 7日(土)22時00分17秒
返信・引用
  > No.1722[元記事へ]

このたびは熱い懇談の場をもっていただきありがとうございました。
特に不空さんには遠路はるばるお越しいただき恐縮しております。
酔山さんのご案、たしかに承りました。わたしは選とコメントに
(もちろん投句も)に集中させていただきます。
 

「鍛練」についての補足

 投稿者:不空  投稿日:2017年10月 7日(土)11時33分2秒
返信・引用
  青嶺句会の発足の理念である「鍛練」の場の提供を実現するために、それに即したお題(又は縛り)にしようと言うことで意見の一致をみました。季語やジャンルを指定するのではなく、ひとつの技法、コンセプト、語などを指定して、系統だった作句を試みると言うことだと思います。最近のお題のなかでその主旨に沿ったものを挙げると
?動詞を使わない俳句
?一つの季語で5句作る
?「山」という語を使う
?音を感じさせる句
?昆虫に限定する
などがありました。滋子さんには、早速この主旨に沿ったお題を出していただきました。
また、鍛練と言う観点から、実際の小規模句会で行っているように、この句はこうなおした方が良いのではというコメントを露草さんだけでなく、皆さんにもして頂けると良いのではないかと思います。もちろんこれは徐々に、ボランタリに、恐る恐る(笑)やって頂ければ良いと思います
それでは皆さんよろしくお願いいたします
 

Re: 10月のお題

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月 7日(土)08時14分6秒
返信・引用 編集済
  > No.1719[元記事へ]

滋子さん、早速の「鍛錬の場」に沿ったお題を下さり、ありがとうございます。
追って投句欄を作りますので、しばらくお待ちください。
 

みなさま

 投稿者:酔山  投稿日:2017年10月 7日(土)08時06分18秒
返信・引用
  酔山です。
今月から進行役を担当させていただきます。
どうか宜しくお願い致します。
さて、昨10月6日(金)、名古屋にて「不酔千枝会談」を行いました。
青嶺句会の理念に立ち戻り、より魅力ある場にしようとの思いから、これからの運営方法等について2時間、濃く語り合いました。
これまでの基本路線は踏襲しつつ、さらに活性化するため、いくつかの方策を試みます。
以下その要約です。
■毎月の出題は、青嶺句会の理念である「鍛錬の場」を踏まえた題をお願いします。
 →別途、不空さんから補足説明をいただければと存じます。
■露草さまには、評価、コメントなどに注力していただきたいとの期待を込め、出題当番から外させていただきます。
■名乗りの際に、1点(◎、○いずれも1点と数える)以上入った句について、その句意などを語っていただければと思います。
3点以上の“誉れ”ある句については、熱く語っていただきたくお願いします。
 

10月のお題

 投稿者:滋子  投稿日:2017年10月 6日(金)21時17分45秒
返信・引用 編集済
  今日は、不酔会談!
お疲れ様でした。ありがとうございました。

今月のお題は、色を感じられる句、5句お願いいたします。
 

不酔会談

 投稿者:滋子  投稿日:2017年10月 5日(木)09時39分46秒
返信・引用
  酔山さん、不空さん、
そして、千鶴さん、水鳥さん
明日は、
青嶺句会の為にありがとうございます。
青嶺句会の中で、
酔山さんだけがお会いしたことがありません。
いつの日か、私もお会いしたいです!

 

遅ればせながら…

 投稿者:ひろ子  投稿日:2017年 9月28日(木)23時58分42秒
返信・引用
  こんばんは!すっかり後手に回ってしまって恐縮です。皆様のあたたかいお気持ちに、この句会に参加させて頂いていることを幸せに思います。わたしも元来ののんびりした性格やパソコンの扱いに不安があり、酔山さんにお願いできれば心強いです。何かとお世話になるばかりで本当にすみませんが、よろしくお願いいたします。なお、私にもできそうなことありましたら、ご指示ください。  

ありがとうございます。

 投稿者:悦枝  投稿日:2017年 9月28日(木)16時35分25秒
返信・引用
  酔山さん、不空さん、ちづるさん

私も何かできることがあればお手伝いしたいと思いますので、不酔会談に参加させていただきます。宜しくお願いいたします。

 

ちづるさま

 投稿者:酔山  投稿日:2017年 9月28日(木)15時46分35秒
返信・引用
  6日の「不酔会談」にJoinいただけるとの由、誠に嬉しく思います。
つきましては、待合せ場所などの細かな連絡を取り合う必要がありますので、下記の私のアドレス宛にメールをいただきたく存じます。
 takaoyam1028@goo.jp
 

宜しくお願いいたします

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月28日(木)00時14分2秒
返信・引用
  酔山さん
不空さん
皆さま
心強い書き込みをありがとうございます。
酔山さんにご一任いたしますので、以後の進行は、私へのご相談など
不要でございます。いろんな新機軸も大歓迎です。ご自由にお進め頂ければと思います。
もちろん私も投句だけでなく、選、コメントなど積極的に参加いたします。
 

酔山さん、みなさん、よろしくお願いします。

 投稿者:ちづる  投稿日:2017年 9月27日(水)22時17分25秒
返信・引用
  酔山さん、ありがとうございます。
私は、いまひとつパソコンの操作に自信がなく手があげられませんでした。出来ることは、お手伝いしたいと思います。よろしくお願いします。

私は、名古屋駅前に勤務してますので、10月6日、場所が近くであれば15時過ぎに出掛けられるかなと思います。
 

微力ながら

 投稿者:酔山  投稿日:2017年 9月27日(水)12時24分55秒
返信・引用 編集済
  露草さま
みなさま

熱いコールにはホント弱い酔山です!(笑)
不肖ながら、私が10月からの進行役をやらせていただきます。
「青嶺句会」の灯を絶やさぬ様尽力致します。
もし途中の坂でエンストしそうになったら、サポートをよろしく。

処で、10月6日(金)に不空さまが名古屋までご足労下さる事になりました。
15時に名古屋駅辺りでお会いして、今後の作業分担等々話し合います。
もし、ご都合のつく方は合流していただければ歓迎です。
不空さまは、17時半頃の新幹線で帰られると思います。
 

よろしくお願いいたします

 投稿者:滋子  投稿日:2017年 9月27日(水)11時50分48秒
返信・引用 編集済
  露草さま
今まで、お忙しい中、
青嶺句会の進行をありがとうございました。
引き続き、選、そしてコメントをよろしくお願いいたします。

酔山さま
進行や投句欄の作成等、ありがとうございます。
お世話になります。
よろしくお願いいたします。

 

Re: 青嶺句会の進行について

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月26日(火)23時29分5秒
返信・引用
  > No.1709[元記事へ]

皆さん、あたたかなメッセージをありがとうございます!
実はだいぶ以前に酔山さんから幹事をお引き受け下さる旨のメールを頂戴しており、先週、名古屋で行われた編集会議の折にはちづるさんからもお声掛けをいただきました。また悦枝さんもご協力くださるとのメールを下さいました。重ね重ね感謝しております。

そこで、まずは酔山さんに進行(幹事)をご一任したく思います。そのあとは不空さん、滋子さんと幹事を交代で行うもよし、当面酔山さんの進行で行うもよし、そのへんは、もう私へのご相談は不要ですので、どんどんお進めいただければ助かります。

投句欄の作り方やシャッフルの仕方は、直接、酔山さんにお尋ねいただけますでしょうか。私以上によい方法をお持ちかもしれません。ともかく、お互いあまり負担にならない範囲で楽しみましょう。

皆さんに運営を一任できれば、私も選やコメント、添削などに余裕をもって取り組めそうです。何卒よろしくお願いいたします。
 

青嶺句会の進行について

 投稿者:不空メール  投稿日:2017年 9月26日(火)19時05分4秒
返信・引用
  酔山さま
(cc露草さま、滋子さま)

露草さんからの問いかけから一週間経ってどなたからも答えがありませんでした。私は酔山さんが、前回の手際の良さから最適任だと思っていましたが、露草さんの文章に「毎回、酔山さんのご厚意に・・・」とあり、お時間が取れないのではないだろうかと勝手に忖度してしまい、滋子さんに働きかけて、おずおずと手を上げた次第です。今回、酔山さんのお話を聞いて、酔さん中心でやっていただき、ご都合がつかない時、または余分な仕事が発生した時には私と滋子さんがお手伝いさせて頂くのが良いかと思いますが、いかがでしょうか
 

露草さま「ご相談」の件

 投稿者:酔山  投稿日:2017年 9月26日(火)18時03分26秒
返信・引用
  露草さま
不空さま
滋子さま

私は現在、基本的に毎日在宅しており、常時(?)自宅のPCを覗ける環境にあります。
また、別のネット句会でも進行幹事役をやっております関係で、皆さんからの投句をシャッフルして一覧にする作業や、選句後の一覧集計も、PCのアプリを使って毎月やっていて慣れております。
ですので、全面的に支援させていただく用意があります。
 

青嶺句会の進行について

 投稿者:滋子  投稿日:2017年 9月26日(火)15時20分44秒
返信・引用
  露草さんのカフェを見た不空さんより、
「露草さんは大学の方と俳句の方と、多忙な日々を送られているので、
少しでもお役に立てたら」と、お話をいただきました。
 私もできることはやらさせていただきます。
 ただ、パソコンが上手く操作できないので、それが、とても不安です。
が、不空さんに教わりながら、やってみようと思います。
 みなさん、よろしくお願いいたします。

 

青嶺句会の進行について

 投稿者:不空メール  投稿日:2017年 9月25日(月)18時45分10秒
返信・引用
  露草さんのご多忙さは察するにあまりあるにも拘らず、ついつい長年甘えてしまいました。露草さんはこの句会の指導者として、進行管理は別のひとがやるべきだと思います。それで私、不空がとりあえずやらせて頂くということで、よろしいでしょうか。私が所用(旅行など)で出来ない場合は、滋子先輩がやって下さることにご了解いただいています。と言うよりも、「とりあえずあなたがやりなさい、できないときは私がフォローする」とのお言葉でした(笑)また前回、進んでやっていただいた酔山さんが参加して下さるなら、なんらかのルールで持ち回りでも良いかと思います。もしご承知くださるなら露草さんにお願いが二つ、
①「欄」の作成の仕方を上記のメールに教えて下さい。滋子さんには私が伝えます。酔山さんはご存知ですね
②露草さんには指導者として、多めの選句をお願いできませんでしょうか(7句以上)
なお、投句欄のシャッフルはやったほうが良いと思いますので、簡単に出来る方法を考えます。また、お題を外した場合の選外表示、旧仮名遣いへの変更など、間違えた場合はご容赦下さい
 

ご相談

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月17日(日)23時51分13秒
返信・引用 編集済
  皆さま、台風の影響はございませんでしょうか。
無事過ぎてほしいですね。
ところで、この頃生活が非常に忙しくなってしまい、少しでも
他の方に委ねることができる仕事は、その方にお願いできれば
有難いと思っております。
この青嶺句会の進行も、いずれかの方に肩代わりして頂けないでしょうか。
以前、いちど酔山さんにお願いいたしましたが、毎回酔山さんのご厚意に
甘えるのも悪いかなあと思っております。みなが交代で行うのも手かと
思います。
なお、いままで私は投句の順番をいったんばらばらにし、選句一覧を作って
おりましたが、それはけっこう面倒ですので、そこを省略し、投句欄をそのまま
選句用一覧にしてしまったら、係の人も楽になると思います。
皆さま、ご一考下さい。
 

選句欄を設けました

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月17日(日)21時39分4秒
返信・引用
  選句欄の設置がすっかり遅くなってしまい済みません!
特選1(◎)、入選4(○)の5句選でお願いします。
投句〆切は、22日(金)24時とします。
 

句会110 投句一覧

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月17日(日)21時35分31秒
返信・引用
  1.秋風や若き宗家の般若舞ふ
2.太極拳の押す手ゆるやか鱗雲
3.稲穂波東尋坊へ溢れ出す
4.尼寺に八千草活けて迎へらる
5.秋日射創始者像の額広し

6.秋風や独りの夜を持て余し
7.夜のカフェ栗のアイスとシャンパンと
8.萩咲くや瓦煤けし登り窯
9.霧重きハノイや摩天楼めきて
10.古希近し青き檸檬のサングリア

11.秋驟雨渦巻くしぶき列車過ぐ
12.身の上を語る尼僧や萩の風
13.庭の兄泡立草に見え隠れ
14.手土産は庭の無花果タルトにし
15.畏みて新車お祓ひ秋日和

16.台風や明りまばゆき理髪店
17.ミサイルの警報うなる稲の花
18.黄金なす稲穂に触れつ散歩道
19.海に沿ふ単線電車秋夕焼
20.戸隠の山の影濃し蕎麦の花

21.青栗の踏まれて白き実を曝す
22.師の句碑の前ひと花の螢草
23.水音の清し師の句碑初もみぢ
24.母を待つ保育園児や秋夕焼け
25.いとこ会集ひし郷や柿たわわ

26.海見えてより街も田も秋の色
27.飛行機雲突き進み行く鰯雲
28.外出の娘を待つや寝待月
29.鳳仙花はぜて門出を祝ひをり
30.自転車の籠へ散りたる銀杏かな

31.稜線は闇に失せたり夕月夜
32.石仏に秋草手向く大男
33.病院を長々おほふゴーヤ蔓
34.吾の歩に合はす愛犬星月夜
35.木槿咲く木造駅舎の駅弁売り

36.窓辺には萩の顔出す旅の宿
37.柳散る京の小路の茶房まへ
38.吾亦紅活ける女将の淡き紅
39.振り向けば夜景断ち切る稲光
40.天高し新車に祈願太鼓満つ

41.鬼の頭を踏みつける足芋嵐
42.猫肩に自転車するり野分晴
43.秋驟雨過ぎて清しき婚の宴
44.秋日濃しガラスの瓶に手鞠飴
 

投句欄を設けました

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月11日(月)02時03分40秒
返信・引用
  今月はあき茶さんの出題で、秋の<天文><植物>から5句。
勉強のため、5句とも違う季語にしましょう。
〆切は15日(金)24時とします。皆さんよろしく!
 

Re: 9月のお題・・・

 投稿者:露草  投稿日:2017年 9月11日(月)01時59分50秒
返信・引用
  > No.1700[元記事へ]

うかうかしていて句会開始を失念しておりました。
あき茶さん、お題をありがとうございます。さっそく投句欄を作ります。
 

9月のお題・・・

 投稿者:あき茶  投稿日:2017年 9月 9日(土)19時35分57秒
返信・引用
  見上げる空の高さを感じる今日この頃ですが、今月は<天文><植物>から5句でいかがでしょうか?  

名乗りのお願い

 投稿者:露草  投稿日:2017年 8月22日(火)20時00分15秒
返信・引用
  ぼちぼち名乗りに入りたいと思います。よろしくお願いいたします。
 

選句のお願い

 投稿者:露草  投稿日:2017年 8月16日(水)16時30分19秒
返信・引用
  選句欄を設けました。よろしくご選句ください。
〆切は、20日(日)24時です。
 

句会109 投句一覧

 投稿者:露草  投稿日:2017年 8月16日(水)16時25分43秒
返信・引用
  1.落蝉のクロスせし手に安堵あり
2.髪切虫幼き指がつまみ上ぐ
3.赤蟻の列医務室の戸口まで
4.仰向けの秋蝉つつく雨上がり
5.老犬が低く唸るや大百足虫

6.ほろ酔ひに囁くやうにすいつちよ
7.再検査空(くう)に斧上ぐ小蟷螂
8.赤蜻蛉ケーキセットのテラス席
9.蜩のお疲れ様と言ふがごと
10.耳元を行つたり来たり名残の蚊

11.飛蝗追ふ眼いつしか少年に
12.かなかなや涙拭へる球児たち
13.亀虫を払ひつ山の宿暮るる
14.秋蝉や利休好みし庭眺む
15.母の呼ぶ声の恋しきいとど跳ぶ

16.夏の蝶舞ひて色濃き影落とす
17.ぶんぶんの花散らし行く雲母坂
18.幼子の像は道真蝉しぐれ
19.普請場のラジオの時報秋の蝶
20.夏の蝶木陰にゆうらりハンモック

21.夏蝶の羽化蒼穹に身を反らし
22.金亀子翅を広げてぺしゃ[や]んこに
23.枝折戸を押して目が合ふ鬼やんま
24.墨染の衣気高し黒揚羽
25.夜の闇蒼く照らすや蛍の灯

26.掌で空寝入りたり天道虫
27.母の里仏間をあきつ突き抜くや
28.赤とんぼ触れ合ふ音のかすかにす
29.蜩に止めるピアノの十指かな
30.ひぐらしの声仏彫る手を止めて

31.庭ぢゆうの蚊を引連れて水遣れり
32.蜉蝣の群れてみちのく夕早し
33.昼日中蜻蛉より来る水たまり
34.蜻蛉行く戦禍を語る人の背を
35.茜さす水面の雲の水馬

36.空蝉の庭木にすがる三つ四つ
37.かんざしに小さきクルスや秋の蝉
38.軒下の蜻蛉を伝ふ雨しづく
39.送り火の消へ[え]し闇より虫の声
40.薬撒く芝生に蟻の立ち上がる

41.マネキンの声なき声や蝉時雨
42.しなやかに雨を受けをり蜘蛛の網
43.夏蝶のもつれて来たる謡坂
44.濡れ縁に死んだ振りした黄金虫
45.蟻の列迎賓館の鉄扉閉づ

46.涼しさを運んでこれり糸蜻蛉
47.きちきちを追ひかけて行く父の墓
48.一輪車止まる大樹につくつくし
49.裏庭に蚊を打つ母の独り言
 

/35